静岡で口コミや評判のいい全身脱毛サロンはココ!

脱毛後の入浴は禁止って本当?

    

 

脱毛処理した後に入浴してはいけないとよく耳にしますが、私達日本人は毎日のように落ち着いてお風呂に浸かりながら疲れを取る方も多いです。

噂がうそであるならば何の気兼ねなくお風呂に浸かりたいと考える方も多いのではないのでしょうか。

しかし残念ながら、処理後の肌で入浴は肌にトラブルを生じさせます。

脱毛を行っている人・これから行おうと考えている人は、脱毛処理した後の正しい入浴方法を把握しなければいけません。

血液循環促進に結び付き素肌の炎症を悪化させます

風呂に入ることが禁止される理由は、まず処理後の風呂は血液循環活性化に結び付き、素肌の炎症を深刻化させる原因になることがあげられます。

光もしくはレーザーの熱エネルギーに関しては、肌に対してダメージを及ぼしてしまいます。

クリニック並びにサロンでは、直ぐ冷却ジェルもしくは冷たいタオルを利用することによってクールダウンしますが、そうは言ってもしばらくの間は素肌にとても高い熱がこもり、低温やけどに似た状況が引き起こされます。

体温が高過ぎるのは、素肌にとってそれほど良い状況とは言えず、かゆみ、あるいは赤み、火照りがもたらされる要因となります。

加えて、熱を冷まそうと肌の水分が蒸発することから、素肌そのものが乾燥しています。

処理直後のとても大きなマイナスを被った素肌で、湯船に多くの時間浸かると、 血の巡りが促進されて体温はアップし、最終的にかゆみや赤みなどを悪化させてしまうことになるのです。

湯の内の細菌によって感染し素肌がトラブルを招きます

どれほど毎日のようにお手入れをして小奇麗にしているつもりでも、実際のところは、風呂の湯船に細菌がたくさんいます。

処理直後の素肌に関しては、毛穴そのものが開いて感染防御力も常日頃より落ちることから、細菌が毛穴サイドから入ってきて、炎症を発生しやすい状況になります。

こういった状況の下でたくさんの時間、細菌がたくさんの湯船に浸かることはリスクがあります。

さらに肌に効果効能がある温泉やサウナなどについてですが、 家の風呂ですら細菌がたくさんいますので、様々な人が出入りする施設の湯は、細菌の宝庫と表現できるでしょう。

細菌に感染し炎症をもたらすリスクがあるという点からも、温泉やサウナなどは絶対に回避するようにしてください。

処理日のシャワーの使用の可否について

処理当日のシャワーの可否も重要です。

少しだけでも良いので 汗を流してすっきりしてから眠りたいという気持ちになるかもしれませんが、結論を先に言いますと、処理日のシャワーは構いません

ただし、ぬるめの温度をキープし、患部を損傷させないように丁寧に泡を転がすようにソフトに包み込むように洗うことが大切になります。

強い刺激のナイロンタオル等でこすると、素肌の保湿に欠かすことのできない成分まで落とす恐れがあるので気を付ける必要があります。

加えて、 ダメ―ジを受けている素肌はデリケートとなっているため、保湿ケアは重要ポイントです。

保湿成分が非常に高く、低い刺激の化粧水を利用し水分補給を実施しましょう。乳液など、状況に応じて油分も補って肌を保護しましょう。

 

処理直後にすっきりしたい方は、軽くシャワーするなら問題ありません。

しかし、処理直後の素肌については、焼け後、あるいは低温火傷にとても近い状況となり、とてもデリケートなので 処理後は風呂以外でも、刺激が非常に強く体温をアップさせるようなことは一切合切回避したほうが良いといえます。

なお、 原則として次の日からの入浴は何の問題もありませんが、肌に当てるのはぬるめの温度で、時間も短くすることがポイントになります。

あらためていうまでもなく、処理後の赤みや火照りまた、腫れなどが次の日になっても残存していたり、悪くなっている場合は、 入浴に関しては控えて、プロフェショナルに相談することが必要です。

スムーズに回復しているケースも、体の状態を見ながら慎重に湯の温度や入浴時間を調整することが重要になります。