静岡で口コミや評判のいい全身脱毛サロンはココ!

怪我をしている部分も脱毛できるの?

    

 

怪我をしている部分の脱毛をしたい場合には、それぞれのサロンの方針や傷の状態などによって対応が大きく異なるため、実績のある店舗に相談をすることがおすすめです。

また、デリケートなパーツのムダ毛処理をする場合には、ローションやジェルなどを使って、より念入りなケアが必要となるため、豊富な経験を持つスタッフにサポートしてもらうことが大事です。

 

 

傷が大きい場合には施術が受けられないこともある

サロンに導入されているフラッシュライトを使ったムダ毛処理の方法は、個人差がありますが肌への負担が大きくかかることになります。

特に、皮膚の表面にある傷が大きい場合には治りが悪くなったり、施術の効果が上手く現れなかったりすることもあり、治癒してから施術に申し込みをすることがおすすめです。

最近では、様々な肌の悩みを抱えている女性の相談受付をしているサロンも増えており、傷口の状態に応じて施術の可否を判断してもらうと良いでしょう。

大手のサロンでは、肌がデリケートな人でも無理なく施術ができるように、出力を自由に調節できる機器を導入しているところや、様々な種類のケア用品を使って術後のトリートメントを行うところも増えています。

なるべく肌に負担を掛けたくない場合には、店舗ごとの取り組みや過去の対応事例などに目を通してきましょう。

軽い擦り傷や古傷なら施術ができることも多い

大手のサロンの中には、皮膚に傷があるときには施術ができないところも多くありますが、治りかけの軽い擦り傷や古傷については通常と同様の対応をしてくれることがあります。

そこで、施術の可否について確認を取るために、各地で定評のあるサロンの公式サイトをチェックしたり、無料のカウンセリングに申し込みをしたりすることがおすすめです。

一方でパーツによっては傷の大きさや状態などにかかわらず、施術が難しいこともあります。

経験豊富なスタッフと相談をしながら、施術の効果の現れ方や肌トラブルのリスクなどについてしっかりと理解をすることが大切です。

なお、術後の傷の状態について不安があれば、アフターケアをきちんと行ってくれるところや、保証制度が整っているところを契約先に選ぶと良いでしょう。

脱毛器の種類によっても違いがある

怪我をした場合に脱毛の施術ができるかどうかは、各店舗に導入されている機器の種類によって大きく事情が異なります。

例えば、最新式の安全性の高いフラッシュライトの機器であれば、少し傷がある場合でも、無理なく施術を受けられることがあります。

一方、小さい傷や治りかけの傷であっても、肌質によって対応が難しいこともあるので、その際は多くの女性から支持されているサロンに早めに問い合わせをすることがおすすめです。

最近では、術前のムダ毛の自己処理や術中のスキンケアのポイントについて、カウンセリングの時に詳しく教えてくれるサロンも増えており、初めて本格的な機器を使った施術にチャレンジをする場合でも、安心して行動をとることが可能です。

なお、ムダ毛処理に用いられる機器の特徴については、各店舗のウェブサイトなどで写真付きで紹介されることもあり、契約前にお気に入りの店舗の情報を集めておくと良いでしょう。

 

怪我をしている時にサロンでムダ毛処理を行う場合には、傷が治りにくくなったり、満足のいく効果が得られなかったりすることがあるため、慎重に担当者と話し合うことが大切です。

また、各店舗で採用されている機器の種類によって施術の可否が異なるため、早いうちから人気のある店舗のホームページなどをチェックして、色々な機器の特徴を調べてみると良いでしょう。

なお、傷の程度にかかわらず、肌がデリケートなパーツについては、施術に対応してもらえないケースもあり、各店舗の最新の事例に目を通しておくことが肝心です。