静岡で口コミや評判のいい全身脱毛サロンはココ!

肌の弱い人が注意したい脱毛のポイントとは

    

肌の弱い人が注意したい脱毛のポイントとは

夏に向けてこれから脱毛を計画する人もいるでしょう。
脱毛は今の時代当たり前のようにされており、以前の脱毛と言えばニードルを使用しての脱毛が主流となっており、1つの毛穴に対して針を入れて電気を流します。
この方法はその場でムダ毛を処理することが出来、脱毛効果が高いのですが強い痛みを伴い、脱毛が終わった後は肌が赤くなります。
時間も相当かかることから当時は余り人気はありませんでした。
しかし今の脱毛はほとんど痛みがなく、肌も赤くなりにくく2~3週間かけて自然と抜けていきます。
無理やり抜くような毛抜きや肌表面を削るシェーバーとは異なり、肌にやさしい脱毛です。
脱毛をする際にエステティシャンの方が肌を毎回確認し、乾燥や炎症など異常がないかきちんと調べます。
肌質はそれぞれ異なりますが、その中でも敏感肌やアトピーの方もいます。
このようなデリケートな人でも果たして脱毛はできるのでしょうか?

 

敏感肌やアトピーの方が施術を行う際の注意点

〇施術前に確認しよう
敏感肌やアトピー肌の人でも、ムダ毛を処理してきれいになりたい気持ちは同じです。
これから暑くなるにつて、薄着になるわけですから肌をきれいにしたい気持ちもあるでしょう。

ただ肌が荒れないか心配、痛みがないか不安、という人はまず皮膚科へ行き施術は可能か聞いてみましょう。
あなたの肌の状態を確認して医師が大丈夫か判断します。
サロンによっても対応は異なります。

・例えば光アレルギーや緑内障、心臓や感染病の皮膚がんのある人は施術を受けることが出来ません。
これらの疾患がある場合は速やかに申告をしなければいけません。
アトピーや敏感肌の場合、極端に肌が乾燥していたり肌を掻きむしったような跡がある、かゆみ止めの薬を常にのんでいるという人でなければ、脱毛は可能です。

施術は肌に光を当てる方法ですが、御肌が弱かったり乾燥すると痛みを感じることがあります。
ですから他の人よりも弱い出力で脱毛を始めます。
アトピーや敏感肌の人が実際に脱毛をした人の中で施術中痛みを感じた・肌が荒れたという人の割合は低いです。
大手脱毛サロンへ行けば色んな方の肌を見ているわけですから経験豊富です。
あなたの肌に合わせた施術を行ってくれるので安心して体をあずけることができます。

 

施術を終えた後に気を付けることは?

施術を終えた後にいくつか気を付けることがあります。
①まずはきちんと保湿をすることです。
脱毛をすることで肌に熱がこもり、これが原因で肌が乾燥します。
乾燥した肌を放置するとトラブルになることもあります。
特に肌が弱い人はしっかりと保湿をしなければ乾燥が進んで肌荒れを起こしてしまいます。
脱毛を終えたら敏感肌用の化粧品でたっぷりと水分を与えるようにしましょう。

もし肌がひりひりする、赤くなっているという場合はサロンへ連絡をします。
サロンへ連絡をするとスタッフが一緒に皮膚科へ受診してくれます。
それまでは冷たいタオルでよく冷やすと炎症やひりひりは落ち着きます。
しばらくタオルで冷やして症状が改善されない場合は速やかに皮膚科へ行きましょう。

③これ以外で気を付けなければいけないのは、
当日激しい運動は控えること、シャワーのみで入浴は控えること
飲酒は血行が促進されてしまうので禁止
日焼け止めや制汗剤も当日は控えるように言われています。
このサロンから言われている禁止事項をしっかりと守ることで脱毛の肌トラブルを防ぐことが出来ます。
脱毛サロンで使用されている脱毛器の光は弱く、肌の炎症やトラブルが起こりにくくなっています。
これから夏に向けて脱毛を希望する人も増えてくるでしょう。
肌にやさしい光脱毛で、肌が弱い人でもしっかり脱毛をしましょう。