静岡で口コミや評判のいい全身脱毛サロンはココ!

脱毛サロンの「痛さ」って、どのくらいのレベルなの?

    

脱毛サロンの「痛さ」って、どのくらいのレベルなの?

脱毛というと一昔前は非常に「痛い」という印象が強い施術でした。
ところが最近は光脱毛器の進歩で痛みが少ないと言われるようになりました。
また全国にチェーン店が展開するくらい脱毛サロンが増えてきた理由は、そうした痛みが少ないマシンが普及したことにもあります。
しかし気になるのは「痛さ」が少ないってどのくらいなのでしょうか?これから通う人は非常に気になる言葉ですね。
そこでここではどの程度のレベルなのかを解説していきます。
静岡にも多くの脱毛サロンがあるので、これから通いたい方はぜひ参考にしてください。

 

脱毛サロンの「痛さ」は個人差があるが比較的「痛さ」は少ない

多くの脱毛サロンで使われている脱毛器は光脱毛という方法です。
これは医療脱毛と比較されることが多いのですが、出力が弱くどんな方でも安全に脱毛施術が受けられる設計になっています。
実は少し怖い話ですが、医療脱毛は出力が強いので非常に「痛さ」を感じる施術です。
そのため麻酔クリームを塗って!施術を受けます。
医師が行うから安心だということですが、人によってはケロイドに発展するケースもあると聞きます。
実は肌に非常に負担がかかる方法です。
一方の光脱毛は資格が無くてもできると言われていますが、ではなぜ全国展開するような大手チェーンが存在するのでしょうか。
実は肌に負担をかけず徐々に減毛する自然に近い方法で脱毛していきます。
肌にはあまり負担をかけない方法です。
脱毛の方法の中でも最も痛みが少ない方法で、少しゴムにはじかれたような感覚の刺激を感じる程度です。
恐ろしい話の一つは少し前まではニードル脱毛(現在でもあります)という方法が取られていました。
これは毛穴に電気針を差し込み脱毛する方法です。
これも痛みには大小あると言われていますが、現実的には非常に痛みがある方法です。
そのような方法と比べるとゴムではじかれる程度の痛みしか感じない、ちょっと刺激がある程度という感想を持つ方もいます。
そしてこれにも個人差があり、脱毛する場所によっても感じ方が変わります。
ワキやVなどの毛が太い箇所は比較的痛みを感じることがあるようですが、その方の肌や体質、サロンの技術力によっても変わってきます。
そのような意味からも「絶対痛さを感じない」とは言い切れませんが、痛みが最も少ない方法であるのは確かです。

痛みをなるべく感じさせない光脱毛という方法

多くの脱毛サロンが行っている光脱毛は、毛根に光を当てることで組織にダメージを与えていきます。
照射するマシンからは特殊な光を出して、黒いもの(つまりメラニン色素)にだけ反応するようになっています。
そうすると、毛穴の奥のメラニン色素に反応することで熱を与えて毛根にダメージを与えていきます。
その結果毛は徐々に自然に抜けていくようになります。
医療用のレーザー脱毛などと比較すると出力は弱いといわれますが、照射範囲は比較的広く、痛みを感じる場所に直接(ピンポイント的に)熱を与えないので、火傷の可能性や色素沈着が起こりにくい方法です。
自然に抜けていくので自己処理の毛抜きで抜いて毛穴が傷むということもありません。
医療レーザー脱毛などにおる脱毛と比較しても一回につき広い範囲に照射できるので、比較的短い時間で施術が終わり、他の脱毛方法に比べても安いというのが安心材料です。
幅広い年代の方にも支持されるのはそのような理由からです。
完全に痛みを感じないといっても、例えばワキやVIOゾーンといった場所は太い毛が密集しているので、多少痛みを感じるかたもいます。
覚えておいてほしいのは毛が太い、密集した部分は痛みが起こりやすい箇所です。
しかし徐々に毛が減ってくるとその刺激も劇的に減っていきます。