静岡で口コミや評判のいい全身脱毛サロンはココ!

セルフ脱毛で毛抜きがNGな理由とは?

    

自宅で行えるムダ毛処理にも様々な種類がありますが、特に毛抜きは簡単で費用が掛からない方法として知られています。とはいえ、こうした処理は肌トラブルが起きることも少なくありません。まずはなぜ良くないのかその理由も知っておきましょう。

 

 

 

埋没毛が増えてしまう可能性もあります

ムダ毛を自己流で処理する方法としては、肌に出ている毛のみを処理する除毛クリームやカミソリなどが良く選ばれています。この方法は痛みもありませんし、広範囲を短時間で処理できるので急いでムダ毛処理を必要としている時に便利な方法です。とはいえ、毛根部分が残ってしまいますので、仕上がりがいまひとつ美しくないと感じる人もありますし、数日も経てば毛が目立ってきてしまいます。

そこで、毛根からしっかりと処理できる方法として、毛抜きが選ばれることも多くなっています。毛根から処理できるのは魅力ですが、こうした方法もやはりリスクは伴います。まず、埋没毛が増えてしまう可能性があるということは理解しておきましょう。毛を抜くことは肌や毛穴にもダメージとなりますが、それを修復するために肌の角質はより厚くなる傾向にありますし、毛穴が塞がれてしまう可能性もあります。

その結果、皮膚の表面に毛が出てこられず皮膚の下で毛が伸びてしまう埋没毛が増えてしまう可能性があります。無理に引っ張り出そうとするとより肌を傷めてしまうことにもつながりますし、肌が黒ずんで見た目も悪くなってしまいます。そして、抜き方が悪いと途中で毛がちぎれてしまいきれいに抜き取ることが出来なくなってしまいます。抜いた後は毛穴部分に赤みができやすいのもデメリットと言えるでしょう。

毛嚢炎や色素沈着が起きることも

毛を無理やり抜き取ることは、想像以上に毛穴や肌にダメージがあります。毛を抜き取るときに毛穴に細菌が入ってしまうと毛嚢炎になることがありますが、一度なってしまうと治るまで時間も必要です。そして、繰り返し刺激を与えることで肌が色素沈着してしまう可能性もあります。

肌は刺激を受けるとメラニンを大量に作る傾向があり、シミになってしまう可能性もあります。色素沈着も一度できてしまうと元の綺麗な肌に戻るまでには相当な時間が必要となってしまいます。そして抜くときの痛みが精神的なストレスになってしまう人もいます。

それから、一度抜いた部分は、より毛が抜けにくくなるよう、以前よりもさらに太い濃い毛が生えるとも言われています。一本ずつの処理となるので時間が掛かるうえにリスクも多い方法であることは理解しておきましょう。

レーザーや光脱毛で効果が得られなくなる可能性も

毛抜きがNGな理由としては、光やレーザーを使った施術を行う場合に効果が出にくいということもあげられます。まず、こうした施術はあらかじめ肌の表面の毛はシェーバーなどで処理していきますが、毛根の黒い部分に照射させますので、毛根は残しておく必要があります。

すでに毛根がない状態で照射しても、せっかくの施術の効果を得ることができません。そして毛が復活するにはそれなりの時間も必要ですので、施術により長い時間が掛かってしまうことにもつながります。施術期間が延びれば、サロンやクリニックに通う回数も増えてしまいますので、結果的に費用が多く掛かってしまうこととなります。エステサロンやクリニックで本格的な施術を受けることを考えている人は、マイナス要素となってしまいますので、直ちに自己処理による脱毛はやめ、毛根を残しておきましょう。

 

間違った自己処理は肌や毛穴にトラブルを起こしてしまう可能性があります。エステサロンやクリニックでレーザーや光による処理を検討している場合は毛根を残しておく必要もありますので、毛根を取り除く施術は避けておきたいところです。毛根がなくなってしまうと照射の効果が出にくく、結果的に施術が長引き料金も多く掛かることにつながります。