静岡で口コミや評判のいい全身脱毛サロンはココ!

傷跡があっても脱毛することは可能?

    


肌に傷跡がありますと、脱毛の施術のリスクは大きくなってしまう傾向があります。

施術が困難であるか否かは、傷の状況次第です。

それほど大きな傷でなければ、施術が可能な事はあります。

しかし色素が沈着している時などは、基本的には施術は困難です。

 

傷口に光などを照射するのはリスクが大きい

施術を行う時には、フラッシュやレーザーなどを照射する事にはなります。しかしフラッシュの光などは、肌にトラブルを引き起こしてしまう可能性も否定できません。レーザーが肌に当たりますと、大きな痛みが生じてしまう事も多いです。という事は、レーザーやフラッシュが照射されると、肌に負担が生じてしまう訳です。ただし負担の大きさは、肌の状態に左右される傾向があります。フラッシュの光を照射するとは言っても、肌が健康な状態なら、基本的には問題無い事が多いです。

しかし肌が傷ついている時などは、リスクは大きくなります。その代表例は、カミソリによる傷です。サロンなどで施術を受ける前は、まず本人が自己処理を済ませておく必要があります。カミソリなどを使用して、ムダ毛を全て処理した上で、施術を受けるのが一般的です。ところがカミソリには鋭い刃が付いています。使い方を誤ってしまえば、カミソリで肌に傷が付いてしまう場合があります。場合によっては、肌から出血してしまう事もあります。傷口に対してフラッシュやレーザーを照射するのは、やはり望ましくありません。肌トラブルが生じる確率が高いからです。

保護テープを使用すれば施術は可能な事も

ただし傷口が小さい時は、施術が可能な事もあります。というのもサロンやクリニックでは、特殊な保護テープを準備しているからです。その保護テープは、フラッシュの光などを透過しない性質があります。光を遮ってくれる訳ですが、それを傷口の上から貼り付ける事は可能です。傷口を保護しておけば、たとえ光などが照射されたところで、大きな負担が生じる訳でもありません。しかし保護テープで対応できるか否かも、傷の大きさに左右されます。

例えば保護テープの面積は、25平方センチだとします。それに対して傷口が40平米センチですと、基本的には難しいと考えて良いでしょう。明らかに傷口の方が大きい訳ですから、テープでは保護しきれません。かすり傷程度なら問題無い事が多いですが、あまり大きな傷があると、基本的には施術は困難です。

傷によって色が変わっている時などは施術は困難

しかし傷口の状況によっては、施術が困難な事はあります。例えば、色が黒っぽい時です。肌に傷がありますと、アザのような状態になってしまう事もあります。青黒い状態ですと、基本的には施術は困難です。というのも青黒いアザは、フラッシュの光に反応してしまう傾向があります。そもそもサロンによるフラッシュの光は、体毛の黒い色に反応する性質があります。黒い色がフラッシュの光を吸収するので、毛根部分にダメージが生じる訳です。

ところが肌の色が黒っぽいと、フラッシュの光を吸収してしまいます。それで肌が強い熱を帯びてしまい、火傷する確率が高くなってしまう訳です。また肌が青黒い状態になっていると、フラッシュの光が到達しづらくなる傾向があります。フラッシュの光を照射して、毛根部分にダメージを与えるのが、施術の目的です。しかし肌が青黒い状態ですと、毛根部分にダメージを与えづらくなってしまいます。ですから傷によって肌が変色している時も、基本的には施術は困難です。

ですから傷跡がある状態で施術が可能かどうかは、状況次第です。傷があまり大きくなければ、施術可能な事はあります。しかし傷が少々深刻な時は、原則困難です。ただし施術の前に、必ずカウンセリングを受ける事になります。その際には、肌に傷があるかどうかも確認します。施術が可能かどうかも、カウンセリングにて確認可能です。