静岡で口コミや評判のいい全身脱毛サロンはココ!

脱毛してもらうときに施術者を担当制にするメリット&デメリット

    

脱毛してもらうときに施術者を担当制にするメリット&デメリット

脱毛サロンに通ったことがある人なら、担当者との関わりについて多少感じることがあるはずです。
例えば担当制がひかれていると相性というものが存在します。
もちろん脱毛サロンはプロ集団なので、エステティシャン教育も徹底しているはずです。
しかし脱毛してもらう時に施術者(エステティシャン)が担当制だった場合、デメリットも存在します。
ここでは担当制の場合のメリットとデメリットについてご紹介します。
いずれにしてもどのように違うのか理解した上で脱毛サロンを選ぶ目安にすると良いでしょう。

 

脱毛サロンの方針によっても担当制のあり・なしがある

担当制やチーム制という方法で脱毛サロンを運営している場合があります。
例えば銀座カラー静岡店などは全国展開しているチェーン店の一つですが、ここではチーム制という方法で運営しています。
この方法はほぼ担当制に近い方法です。
理由としてはお客様事にきめ細かいサービスを行いたいという銀座カラーの意向がありますが、毎回違うスタッフだと脱毛がスムーズにいかないということを想定しています。
これは顧客も施術する側も同じ考え方です。
一人につきチーム制にしておくことで、顧客一人一人の状態をチームで把握し、誰かがシフトで回っていたとしても他の情報共有しているスタッフがカバーするという方法です。
チームでバックアップしている体制なのでチーム内で直接施術する担当者がいない日でも確実にフォローしてくれます。
また指名制という方法も当然存在します。
これは指名料がかかるサロンも若干ありますが、同じ人が施術してくれると顧客の毛質や肌質、痛みの反応といった細かい部分も確実に把握してくれます。
そして担当制の大きなメリットは施術に対する慣れが確実に生じることです。
つまりエステティシャンがたとえ同性だとしても裸に近いスタイル、しかも他人に見られたくない箇所を施術してもらう可能性が高いわけです。
毎回同じ相手なら慣れてしまい、施術もリラックスして受けることが可能になります。
実はこの施術というのもリラックスしないと痛みを感じる確率も多く、スムーズに受けられないという結果になることもあります。
その点でもチーム制や指名制という方法は確実にメリットがある方法です。

担当制がデメリットになるケース

担当制のメリットが多いとご紹介したのに、すぐデメリットになるケースを紹介するのはいいことばかりとは限らない場合をご紹介したいからです。
いいことがあれば、逆の悪いこともあるという意味です。
担当制の場合、地域密着型サロンの多くが担当制で運営しているケースがあります。
これはお客様の数があまり多くない、担当者(熟練技術者)が多くないという場合にある話です。
でもこれでうまく施術が受けられて満足する仕上がりなら何等問題はありません。
問題に発展するケースは担当者との相性が悪い場合です。
これだけは誰も予想できません。
また脱毛サロンもプロ集団なのでエステティシャン教育は徹底しているはずです。
もちろん接客に関しては非常に細かいマニュアルが存在するお店もあります。
しかしそこは人です。
ロボットが全部行ってくれるなら心配ありませんが、やはり最終的にはエステティシャンの人柄と顧客の人柄のマッチングです。
仮に合わない場合は地獄です。
相談したくてもできない、聞きたい内容が理解できない、しかも余計に営業してくる、なんて話になったら通いたくなくなりますね。
担当制はメリットも多い反面、一旦マイナスになった場合顧客側も非常に苦しい展開になるということです。
これを回避するには、何かあった時は担当制を変えられるのかどうかを事前に確認しておくとよいでしょう。
それでもダメな場合は他店に乗り換えする方法もあります。
なるべく良い口コミがあるサロンをお選びくださいね!